楽天モバイル「アンリミット」Galaxy A7とセットで契約してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天モバイルの新プランである「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」をGalaxy A7とセットで契約しました。

楽天モバイルの「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」と言えば、ギガ使い放題、国内通話が24時間話し放題、先着300万人が1年間無料、という超お得なプランです。

他社の格安SIMを利用していたので、MNP転入して契約をしました。

「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」を申し込む際、さらに実際に回線を開通させるまで、戸惑う場面が幾つかありました。

楽天モバイルの「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」」の回線契約に関する情報はネットに沢山ありますが、自分が特に魅力を感じた点、そして戸惑った点を重点的にレポートします。

スポンサーリンク

楽天モバイル「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」を契約した理由

まず、楽天モバイル「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」」を選択した理由について。

楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」のメリット、優位性とは?

楽天モバイルの「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」」は、2020年4月8日にサービスをスタートさせる前から、ずっと気になっていました。

「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」」のメリット、優位性をまとめると以下のような感じになります。

  • 今なら1年間無料! 2年目以降は月2,980円。
  • 国内通話がスマホへも固定電話へも無料でかけ放題!
  • データ通信は、楽天回線エリアなら使い放題。パートナーエリアなら月5GBのデータ容量を使える!
  • 国内とは別に海外でも月2GBのデータ容量を使える! SMSも無料!
  • 契約解除料無し・縛り無し!
  • キャンペーン特典内容が充実!

キャンペーン特典としてオンラインで申し込むと楽天ポイントが3000ポイント付きます。さらに事務手数料3,300円相当ポイントも全員に還元されます。

反対にデメリット・不安点をまとめると、こんな感じです。

  • 楽天回線エリアは大都市限定。
  • サービス開始から日が浅いため、通信品質、通信障害などが不安。
  • 使用できるスマホの機種が限定される。iPhoneは動作保証なし。

楽天モバイルの楽天回線エリアを調べてみると、残念ながら自分が住んでいる地域は楽天回線エリア外でした。

auの回線を利用したパートナー回線エリアには含まれていました。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/?l-id=un-limit_area_02

パートナー回線エリアで使用する場合、データ通信の容量は月2GBでしたが、2020年に4月8日に「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」」が2.0にバージョンアップ。

データ容量が2GB/月から5GB/月にアップしています。

5GBのデータ通信容量を使い切った後でも、通信速度最大1Mbpsのデータ通信を無制限で利用できるようになっています。楽天モバイルの旧プランであるスーパーホーダイと同じですね。

自分が契約している他社の格安SIMは3GBのデータ容量で毎月2200円かです。

これなら、たとえパートナー回線エリアであっても、明らかに楽天モバイルの方がお得となります。

さらにもう一点、グッと気持ちが楽天モバイルに傾いたのは、海外でも2GBのデータ容量を海外ローミングで使用できることです。

楽天モバイルの公式サイトの海外ローミング(データ通信)で、2GBのデータ容量を海外ローミング(データ通信)で使用できる国と地域の詳細を確認できます。

2020年3月3日時点で海外指定66の国と地域をカバーしており、自分がよく訪れる国・これから訪れるであろう地域の多くが含まれています。

1年の内、3ヶ月から6ヶ月は海外をさまよっているバックパッカーとしては、日本にいる期間のスマホ代金が何だかもったいなぁー、といつも思っていました。

そこで、数年前に大手通信キャリアの一つであるAUから格安SIMに乗り換えた訳ですが、それでも“もったいない感”は続いていました。

海外でもマイ月2GBのデータ通信を利用できるなら、“もったいない感”もかなり解消されそうです。

しかも、「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」は1年間無料。加えて、いつ解約しても、解約料金が一切かかりません。

言ってみれば、リスクゼロで使えます。

そこで、1年間は“お試し期間”として「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」を契約。1年後に自分の地域が楽天回線のカバーエリアに入るか、どうかを見極めよう、という気持ちに大きく傾きました。

楽天回線対応のスマホ、Galaxy A7が激安で購入できる

楽天モバイルの「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」の契約に至るには、もう一つ、気になる点がありました。

自分が持っているスマホの機種が「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」に対応しているか、という点です。

アンドロイドのスマホの場合、楽天モバイルが公式にアナウンスしている機種以外でも、「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」」を使えた、という報告が上がっています。

ネットでいろいろ調べてみると、どうやらポイントとなるのは周波数であることが解ってきました。

楽天回線は、LTEのバンド3を使用しています。

自分のスマホは、LTEのバンド3に対応していました。というか、現在、日本で発売されているほとんどのAndroidスマホは、LTEバンド3に対応しています。

パートナーエリアはauの回線を利用しています。auのLTEは、バンド18とバンド26を使用しています。

つまり、LTEのバンド3、そしてバンド18か26に対応している機種であることが必須条件となります。

※もちろん、LTEのバンド3、そしてバンド18か26に対応している機種でも、楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」が使えない可能性はあります。

現在、自分がメインで使っている機種は、バンド18にもバンド26にも対応していません。ほぼ確実に楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」を使えないハズ。

ところが、です。

楽天モバイルは様々なスマホ機種を販売しています。中でも目に止まったのがGalaxy A7。

Galaxy A7は2019年10月1日に発売された比較的新しいスマホです。6インチという大きめの有機ELディスプレイを搭載。

トリプルカメラを搭載しており、2400万画素のメインカメラはF値が1.7。かなり明るいレンズです。さらに800万画素の超広角カメラと、500万画素の深度測定用のカメラという構成。

CPUはExynos 7885。高額なスマホに比べれば、多少、見劣りはするものの、複数のアプリやパズドラやポケモンGO・モンストなど大概のゲームならサクサク動くハズです。

楽天モバイルでは、Galaxy A7を3万1500円(税別)で販売していましたが、 2020年5月27日から大幅に値下げしています。

現在、一括払い17,000円(税別)という破格の値段で提供しています。税込価格なら18,700円です。

※分割払いにも対応していますが、合計すると割高になるので、一括払いがオススメです。

つまり、めちゃめちゃコスパが良いスマホとなっています。

しかも、です。Galaxy A7を楽天で購入すると、15,000ポイントの楽天ポイントが付きます!

つまり、楽天アンリミットとGalaxy A7をセットで購入すると、Galaxy A7を実質3700円(税込)でゲットできることになります。

Galaxy A7が3700円(税込)ぽっきり、というのは、どう考えても超お得です。

本音を言えば、楽天の製品ラインナップで一番興味がそそられたスマホは、防水・おサイフケータイに対応している高性能なOPPO Reno Aです。

さらに、2020年6月25日に発売されたばかりの防水・おサイフケータイ対応スマホ、OPPO Reno3 Aにも目移りしました。

両機種ともDSDV対応です。つまり、海外のSIMカードと楽天アンリミットのSIMを2枚差しで使うことができます。

でも、ネックとなるのは、お値段。

OPPO Reno Aの楽天モバイル価格は3万5273円(税別)。楽天ポイントが10,000ポイント付くので、実質2万5273円(税別)ですね。

また、OPPO Reno3 Aの方は、新製品だけあって、楽天モバイル価格が3万6182円(税別)、楽天ポイントは2,000ポイントだけ付きます。つまり、実質3万4182円(税別)。

新型コロナウイルス感染拡大の影響から、収入が大幅に下がっている身としては、Galaxy A7を実質的に税込3700円で購入できる点が決定打となり、契約・購入することにしました。

楽天モバイルに契約してみた

楽天モバイルのサイトで「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」とGalaxy A7をセットで申し込んだのは2020年4月23日です。

※「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」と契約した後に、スマホ製品を単体で購入しても、楽天ポイントはしっかりと付きます。
契約からMNP転入、回線開通の一連の流れを時系列で見ると、以下の通りです。

  1. 4月22日お昼過ぎ 電話でBiglobeにMNP転出を申し込む
  2. 4月22日夜 MNP転出予約番号と有効日がメールで届く
  3. 4月23日早朝 楽天モバイルのサイトで「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」とGalaxy A7をセットで申し込む
  4. 4月25日夕方 郵パックで楽天アンリミットのSIMとカードとGalaxy A7が届く
  5. 4月25日夕方 MNP転入の手続きを行う
  6. 4月25日夕方 Biglobeより解約申し込み完了のメールが来る
  7. 4月26日お昼 開通

以下、具体的に一つづつ見ていきます。

MNP転出を申し込むのは、いつがベスト?

楽天アンリミットを申し込むに際して、使っている携帯の電話番号を引き継ぐ場合、つまり他社からMNPで乗り換える場合は、MNP予約番号と、その有効日を記入する必要があります。

そこで、楽天アンリミット申し込みに先立って、MNP転出の申し込みをする必要があります。

オンラインでもMNP転出の申し込みを受け付けているケースもありますが、電話の方が早いです。

自分は「ちょっと失敗したなぁ」と思ったのは、MNP転出を申し込む時期です。22日に電話でMNP転出の依頼を行いましたが、これは遅すぎます。

MNP転出の手続きをするに際してベストなタイミングはいつか? と言えば、ズバリ、月初めから月半ばにかけてです。

自分は、BiglobeのSIMカードを利用していましたが、公式サイトで解約について調べてみると、毎月25日までMNP転出の申し込みを行えば、月末に解約となる、とあります。

もし25日を過ぎてMNP転出を申し込むと、解約は翌月の末までずれ込み、来月分の料金も請求されることになります。

そこで、22日にBiglobeに電話をして、MNP転出の申し込みをしました。

ところが、この「申込み」という言葉がちょっと曲者でした。

Biglobeに電話をして初めて分かったのですが、電話でMNP転出の意図を伝え、MNP転出の予約番号を発行をお願いした時点では、まだ「MNP転出の申し込み」は完了していないのです。

実際に「MNP転出の申し込み」が完了するのは、15日間有効なMNP転出予約番号が発行され、その番号をもとに他社でMNP転入を終えた時です。

一般的な常識では、電話でMNP転出を依頼すれば、「MNP転出の申し込みが終わった」と解釈するのが普通だと思うのですが。しょうがありませんね。

そのため、ちょっと焦りました。Biglobe側は、翌日のお昼までにMNP転出の予約番号をメールする、とのこと。

楽天モバイルのサイトで、配送についてを見ると、以下のようにあります。

お申し込み時に受け取り日時を指定できます。
日時指定のない場合は、最短2日でお届けします。

翌日、つまり23日に楽天モバイルのサイトで楽天アンリミットを申し込むと、SIMカードとスマホが届くのは最短で25日となります。

結論から言えば、25日の夕方、楽天モバイルからSIMカードとGalaxy A7が送られてきたので、即、MNP切替(転入)の手続きを行いました。本当にギリギリでした。

Biglobeに限らず他社でも、MNP転出の手続きを月末近辺までに行わないと、翌月の料金が請求されるケースが多々あります。

MNP転出の手続きは、余裕をもって月初めから月半ばにかけて行うのが◎です。

楽天アンリミット契約の流れ

Biglobe側からは22日の夜、メールでMNP転出予約番号と有効日が送られてきました。

そこで、すぐにPCで楽天モバイルのサイトを開き、楽天アンリミットの申し込みを行おうとしましたが、なぜかPCでは楽天モバイルのサイトを見ることができませんでした。

申し込みが多くて、サーバーが重くなっているのでしょうか? あるいは夜から深夜にかけてはサーバーをメンテナンスしているのでしょうか?

翌23日の早朝になっても、サイトを開けません。

そこで、スマホでアクセスしてみると……果たして開くことができました。謎ですね。

さて、楽天アンリミットを申し込むに際して、事前に準備しておくものは以下の2つです。

  • MNP予約番号と有効日
  • 本人確認書類

自分は、運転免許証を持っていません。オンラインで契約するに際しては、いつも写真付きの住基カードを本人確認書類として使用してきました。

楽天モバイルでは、本人確認書類に住基カードを使用する場合、さらに補助書類が必要となります。例えば、公共料金の領収書等です。

これらの書類を事前にスマホで撮影しておいてもいいですし、あるいは手元に用意しておいて、オンラインで契約する際に撮影してもOKですね。

本人確認書類によっては、補助書類が必要となることがポイントです。

楽天アンリミット 契約画面

楽天アンリミットを契約する流れは、以下のページで確認できます。

お探しのページが見つかりません | 楽天モバイル

新規お申し込みについてのサポート情報

事前に一連の流れを把握しておけば、実際の申し込みに際して、特に迷うことはないと
思います。

楽天モバイル 申し込み

楽天モバイルの契約状態を確認

楽天モバイルで申し込みをした後は、ネットでmy楽天モバイルにアクセス。

「my楽天モバイル」にアクセスしたら、メニューの「申し込み履歴」を開くと、現在の申込み状態を確認することができます。

★my楽天モバイル「申し込み履歴」画面

申込番号が表示され、申し込み日も確認できます。伝票番号が表示されており、配送状況を確認できます。

楽天モバイルからのメールでは、伝票番号が12桁の場合はヤマト運輸、601から始まる11桁の場合は郵パックで発送すると説明されていました。

お荷物の配送状況は下記よりご確認いただけます。
・お問合せ伝票番号が12桁の場合
ヤマト運輸の宅急便で配送いたします。
配送状況はこちらをご確認ください。
https://r10.to/hINE4a
・お問合せ伝票番号が「601」から始まる11桁の場合
日本郵便より配送いたします。
配送状況はこちらをご確認ください。

自分の伝票番号を見ると、601から始まっていますが、桁数は12桁でした。

当然、ヤマト運輸で宅配されるはずなので、ヤマト運輸のサイトで配送状況を確認。

すると、「伝票番号未登録」と表示。24日の夜になっても、「伝票番号未登録」と表示されました。

伝票番号未登録
お問い合わせいただいた伝票番号は、今現在コンピュータに登録されておりません。
最寄りのお客様サービスセンターまでお問い合わせ下さい。

うーん。おかしいな? 

そこで、もしやと思い、郵パックで発送状況を確認してみると、「▲■郵便局に到着」とありました。自分が住んでいるのは▲■市です。

これはもしかして、郵パックで来るのかな?

受け取り時間を25日の16時から18時にしておいたのですが、果たして25日の17時頃、郵パックで送られてきました。

メールには「伝票番号が12桁の場合はヤマト運輸、601から始まる11桁の場合は郵パックで発送」と説明されてていましたが、ヤマト運輸と郵パックの両方を確認した方がいいですね。

楽天アンリミットのSIMカードとGalaxy A7を開封

郵パックで送られてきた段ボールは1つです。段ボールを開けてみると、緩衝材の下にGalaxy A7の白い箱、楽天アンリミットのSIMカード、ピンク色のSTARTER GUIDE、さらにスマホ下取りサービスのチラシが入っていました。

楽天モバイルが送られてきた段ボール箱1楽天モバイルが送られてきた段ボール箱2

他の方のブログ等を読むと、スマホ製品とセットで申し込んだ場合、スマホ製品とSIMカードが別々に送られてくるケースもあるようです。

自分の場合は、スマホ製品とSIMカードが同じ段ボール箱で入って送られてきました。

楽天アンリミットのSIMカードとGalaxy A7

Galaxy A7が入っている白い箱を開けて中身を確認してみました。

Galaxy A7の箱の中身1

Galaxy A7本体があり、その下にはMicro USB端子からUSB-A端子の充電ケーブルと電源プラグ、Micro USB端子からUSB-A端子への変換ブラグ、そしてSIMカードを取り出すためのSIMピンが入っていました。

Galaxy A7の箱の中身2

※他の方のブログ等を読むと、SIMピンが入っていないこともあるようです。

後からちゃんと確認してみると、Galaxy A7は急速充電に対応しています。

楽天回線の開通作業(アクティベーション)で困った点

段ボールの中身を確認した後、早速、MNP転入の手続きをして、開通手続きを行います。

別のスマホで、「my楽天モバイル」にアクセスして「転入を開始する」をクリック。

すると、MNP切替条件のポップアップウインドウが開きます。

my楽天モバイルのMNP切替条件画面

MNP切替手続きを、9時から21時29分の間に行うと、切替が当日中に完了。21時30分から翌日の8時59分の間に行う場合は翌日の9時以降に切替が完了するとありますね。

そこで、再度「転入を開始する」をクリック。

すると、「サーバーエラー」と表示されました。

ん?
んん?
んんん?

画面を戻り、もう一度「転入を開始する」のボタンをクリックすると、またもや「サーバーエラー」の表示。

……どゆこと?

「サーバーが混雑している?」

2回試しても「サーバーエラー」と表示されると、ちょっと打つ手がないような気がします。

そこで、「my楽天モバイル」にアクセスして確認してみると、申し込み回線が「有効化進行中」と表示されています。

★画面

「my楽天モバイル」の「申込履歴」を開いて、さらに詳細を確認してみました。

「開通手続き中です。電波状態の良い場所でしばらくお待ち下さい。」とあります。

★my楽天モバイル「申し込み履歴」画面

うーん、ってことは、このまま待てばいいのかな?

ところが、「配送状況」を見ると、製品は既に受け取っているものの、依然として「出荷準備中」とあります。

???

どうすればいいのか、ちょっと悩みました。このまま待てばいいのか? それとも、サーバーエラーのためMNP切替がうまくいっていない?

よーわからんなぁ、と思っていると、約45分後にBiglobeから以下のようなメールが届きました。

★画面

ふむ。Biglobe側で「MNP転出」が完了したことを確認できたということは、楽天モバイル側でMNP転入が完了したからに違いない、と推測しました。

MNP切替については、前述のように「9時から21時29分の間に行うと、切替が当日中に完了。」とあるので、しばらく待つことにしました。

翌日の午前中に別のスマホで「my楽天モバイル」を開いてみると、昨日と同じ状態のままです。

申し込み回線は「有効化進行中」、「配送状況」も「出荷準備中」となっています(苦笑)。

そこで、フト思いつきました。Galaxy A7を取り出し、SIMカードを挿入し、電源をON。

すると……ちゃんと電波を掴んでいました!

新品のGalaxy A7を初めて起動するので、スマホ画面に従って初期設定します。

初期設定を終えて、Charomを起動してみると、ちゃんとネットにアクセスできました。

my楽天モバイルにアクセスして確認すると、ちゃんと「開通作業(アクティベーション)」が完了している表示に変わっていました。

★画面

つまり、「my楽天モバイルモバイル」に、申込み回線が「有効化進行中」と表示されているなら、楽天アンリミットのSIMカードをスマホに挿入すればいいだけの話だったようです。

推測では、MNP切替の手続きを行ってから約45分後にBiglobeからMNP転出が完了したメールが届いた時点で、既に回線開通の手はずが整っていたのだと思います。

その時点で、Galaxy A7にSIMカードを挿入して試せば良かったんですね。

何だかちょっと脱力しました。楽天モバイルのサイトや、段ボールに同封されていたSTARTER GUIDE等には、その辺りの説明はまったくありません。

楽天さん、もちっと詳細に説明してくれる、と嬉しかったかなぁ、というのが正直な感想です。

後は、アプリの「my楽天モバイルモバイル」と「UN LIMIT LINK」をダウンロードしてインストール。

アプリ「my楽天モバイルモバイル」を起動すると、楽天の独自回線ではなく、パートナー回線エリアで接続していることが確認できました。

楽天モバイル